本文へスキップ

広島大学大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センター

センターとは

センター長のメッセージ

院長写真  当センターは、中国・四国地方を中心とした地域経済システムに関する理論的・実証的な調査・研究を、学内外の調査・研究機関と連携しながら行いうことを目的としています。 この目的の実現に向けて、初代センター以来、「地域のことは地域で考える」と「産学官の連携」を2つの柱に据えてきました。
        
 お陰をもちまして研究活動の充実とともに評価が定着してきました。そして今日、地域と大学の結びつきが問われているなかで、当センターへの期待は一段と高まり、当センターが果たすべき役割はますます重要になっています。
       
 そのようなご期待と責任に応えることができるよう一層の機能強化に努めていかなくてはなりません。今後とも厳しくご指導・ご鞭撻をいただくとともに、温かいご支援・ご協力を賜りますようお願い申しあげます。
                                    
                                  センター長 伊藤敏安

センターの沿革

1989年
  • 5月29日 経済学部附属地域経済研究センターが設置(平成元文部省令第24号)
1990年
  • 3月23日 中国経済連合会の呼びかけで地域経済研究推進協議会が設立
1999年
  • 4月 1日 経済学部附属地域経済システム研究センターに改組(平成11文部省令第12号)
2004年
  • 4月 1日 広島大学大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センターに移行
  • 8月 1日 東広島キャンパスに分室を設置
2009年
  • 4月 1日 大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センターとして存置

センター構成員組織図はこちら) 2017.08.16現在

センター長
伊藤 敏安  地域経済システム研究センター教授
センター次長
鈴木 喜久  大学院社会科学研究科准教授
運営委員会      
瀧  敦弘  大学院社会科学研究科長
千田 隆   大学院社会科学研究科社会経済システム専攻教授
吉中 信人  大学院社会科学研究科法政システム専攻教授
加藤 厚海  大学院社会科学研究科マネジメント専攻教授
センター顧問
湯ア 英彦  広島県知事
松井 一實  広島市長
水上 保  中国四国管区行政評価局長
辻 庄市  中国財務局長
坂井 康宏  中国四国農政局長
波留 静哉  中国経済産業局長
川中 邦男  中国運輸局長
川ア 茂信  中国地方整備局長
松野 知之  日本銀行広島支店長
吉田 幹洋 (株)日本政策投資銀行中国支店長
苅田 知英 (一社)中国経済連合会会長
深山 英樹  広島商工会議所会頭
池田 晃治  広島経済同友会代表幹事
西川 正洋  広島県経営者協会会長
櫟本  功  広島大学名誉教授、広島市立大学名誉教授
角倉 博志  (一財)ひろぎん経済研究所理事長
宮長 雅人  (一財)岡山経済研究所理事長
宗村 敏彦  (一財)山口経済研究所常務理事
佐藤 幸雄  (株)山陰経済経営研究所代表取締役社長
重松 栄治  (株)いよぎん地域経済研究センター代表取締役
研究部門
若松 泰之  地域経済システム研究センター助教 (専任)
西原 鷹一  地域経済システム研究センター研究員